渡辺歯科医院

診療案内 はぐきの治療(歯周治療)

はぐきの治療

歯周病3つの危険

顔

骨が溶けて歯が抜ける

歯を支えている骨を細菌が溶かします。
歯周病菌という細菌が「歯周ポケット」を作りながら歯茎の奥へと進行。
やがて歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。
支えを失った歯はぐらぐらとなり、最後には抜けてしまいます。

自覚症状がない

歯周病は、初期段階では目立った自覚症状がほとんどありません。
しかし、進行していくと次第に歯茎から膿や血が出たり、激しい痛みを感じるようになります。また、口臭がひどくなることもあります。症状が出た頃には、すでに重度の歯周病ということも珍しくありません。

歯みがきでは治らない

歯と歯茎の間にできる隙間を「歯周ポケット」といいます。
ここに入り込んだ細菌や、細菌が住み着く歯石は、歯みがきだけでは除去することができません。そのため、デンタルフロスや定期的な検診をしっかりおこなうことで、歯周病の予防ができると考えています。

光殺菌治療

顔

渡辺歯科医院の歯周病対策「光殺菌治療」の特徴

「光殺菌治療」とは、感染部分に光感受性ジェルを注入し、光を照射することで殺菌する画期的な治療法です。抗生物質を使わず、痛み・副作用もない「体に優しい治療法」です。

痛み・副作用がない

光殺菌治療は患部に光感受性ジェルを注入し、LED照射を行うだけで治療中に痛みを伴いません。また、副作用もありませんので繰り返し治療に利用できます。

耐性菌を殺菌する

光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。そのため、光殺菌治療ではすでに耐性化した細菌も殺菌可能です。

耐性菌を作らない

抗生物質による治療とは異なり、光殺菌治療は耐性菌をつくりません。

光殺菌による歯周病治療の手順

顔

感染源の除去

通常の治療後に、根の中の清掃や、根の表面の歯石など感染源を除去します。

矢印下

光感受性ジェルの注入

根の中や歯周ポケット、粘膜上に光感受性ジェルを注入します。

矢印下

光殺菌

専用機器による光を10〜30秒間照射することで、光殺菌します。

矢印下

クリーニング

死滅した細菌や光感受性ジェルを洗い流し、口腔内を綺麗にクリーニングします。

歯周病セルフチェック!

顔

3つ以上にお心当たりがあれば、渡辺歯科医院のスタッフまで、お早めにご相談ください。
早期発見・早期治療で、健康と快適な日常生活を取り戻しましょう!

  • 歯をみがくとき歯肉から血が出る

  • 口臭がある

  • 歯の間に食べものが挟まりやすい

  • 朝起きると口の中がネバネバして不快

  • 歯肉がむずがゆいときがある

  • 歯が浮いた感じがする

  • 歯肉が赤く腫れていて痛みがある

  • 歯肉を押すと血や白くくさい膿が出る

  • 歯が以前より長くなったような気がする

  • 冷たいものでよく歯がしみる

  • 歯がグラグラ動く感じがする

診療科目や診療時間のご案内 診療のご案内

当院で診療しているおもな歯科治療科目をご紹介します。下記以外にも検診や高度治療などもございますので、お問い合わせください。

  • はぐきの治療 (歯周治療)
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 口臭治療
  • レーザー治療

一般歯科/小児歯科/ホワイトニング/
クリーニング

診療日・診療時間

火・木曜日は、18:00までの診療となります。

土曜日は、12:00までの診療となります。

※歯周外科等の手術やインプラントは、水曜
(または金曜)にご予約をいただいています。
ご都合の合わない方は受付にてご相談ください。

  • 日常の出来事・歯の健康コラム スタッフブログ
  • 最新の設備でより安全・安心な治療を 機器・設備紹介
  • さまざまな疑問・質問にお応えします よくあるご質問
  • 院内誌をPDFでご覧いただけます 渡辺会通信